四季の風景
正法寺山荘跡
期間 3月末から4月上旬
場所 亀山市関町鷲山
アクセス 名阪国道・関ICより15分
お問合せ 亀山市観光振興室
TEL.0595-96-1215

正法寺は亀山城主・関盛貞が永正年間(1504〜1521)の初めに創建した寺で、有名な連歌師宗長などを招き、歌会が開かれていたようです。昭和52年からの発掘調査により明らかになったもので、戦国武士の生活を解明する上で貴重であり、昭和56年、国の史跡に指定。現在は様々な種類の樹木が生い茂り、新緑や紅葉はもちろんのこと、200本の桜で関町随一の桜の名所として知られています。

歴史
戻る