歴史
野村一里塚
場所 亀山市野村3丁目
アクセス JR亀山駅下車徒歩25分
東名阪自動車道・亀山ICより3分
お問合せ 亀山市まちなみ文化財室
TEL.0595-96-1218

一里塚は江戸時代の始めにあたる慶長9年(1604)2月、徳川幕府が江戸日本橋を基点とし、諸国の街道に沿って一里ごとに設けさせた里程標。三重県には旧東海道に沿って、12ヶ所に一里塚が設置されていましたが、現存するのはこの野村一里塚のみとなっています。また、もともとは道の両側にありましたが、現在は北側だけが残っている状態で、昭和9年1月に国の指定文化財となりました。塚の上には、歴史を見守り続けてきた樹齢400年の椋の巨木がそびえ立っています。

戻る